CRAFT BEER | 乙部追分ブリューイングオンラインショップ 北海道 クラフトビール・通販・乙部町・ブルワリー・飲み比べ・ビールギフト

クラフトビールができるまで

仕込み工程:ビールの素「麦汁」をつくる

仕込みでは麦芽からビールの素になる麦汁を作ります。

粉砕した麦芽をお湯に投入し麦のおかゆを作ります。1時間ほどかく拌しながら糖化させます。麦芽に含まれる酵素がデンプンを糖に変えます。

ビールの主成分で、仕上がりを左右するといわれる仕込み水は、湧き水が有名な乙部町の天然水シリカ水「Gaivota(ガイヴォータ)」を100%使用。水の特徴は、シリカ成分を含む口あたりがとてもなめらかで飲みやすい軟水です。

出来上がった麦のおかゆをろ過して麦汁にします。麦汁は甘酒のような優しい甘さで、とろみがあります。写真は1番搾りの麦汁です。

麦汁にホップを加えて煮沸し、ビール特有の香りと苦味を出します。ホップの投入タイミングを変えるだけで、味が変化します。

発酵工程:麦汁を発酵タンクに移しビールをつくる

麦汁は20℃まで冷却された後に発酵タンクに移し、エール酵母(上面発酵酵母)を加えて発酵させます。エール酵母は、クラフトビールの華やかな香りと深い味わいを生みます発酵期間は1週間~10日で、酵母が麦汁の糖分をエサにアルコールと炭酸ガスに分解します。

発酵が終わったビールは、味も香りも未熟な「若ビール」といいます。発酵終了後5℃まで冷却をし熟成させることで味が整い、酵母由来のフルーティーな香りを生み出します。

フルーツビールの場合は3日後にフルーツを投入します。

充填工程:1本ずつ手作業で充填・打栓をする

一般的なビールは熟成が終ると、ろ過をして酵母を取り除くか、熱処理を行い酵母の活動を停止させます。

私たちがつくる「無濾過クラフトビール」は、ろ過と熱処理を行わず、ビールの中に酵母が生きている状態で充填します。そうすることで生きた酵母の旨味を楽しめ、醸造家が目指す「毎日飲んでも飽きない」味わいのクラフトビールが完成します。

手動の機械で1本ずつ丁寧に充填と打栓されて皆様のもとにお届けしています。

乙部産のビール大麦栽培。ビールと地産地消の取り組み

ビールの製醸造だけではなく、乙部町の豊かな自然と土壌を活かした原材料の栽培にも取り組んでいます。
乙部町産の二条大麦の栽培や町内に自生するホップを一部のビールに使用するなど、クラフトビールづくりから地産地消の取り組みに力を注いでいます。

良質な湧水。乙部町の「生命の水」で仕込むビール

乙部町にはいくつもの自然湧水地があります。その内の5カ所は給水施設として整備されています。湧水は地元の人たちに「生命の水」と親しまれ、わざわざ遠方からも湧水を求めて訪れる人もいる乙部の隠れた人気スポットです。

水はビールの主成分で仕上がりを左右するといわれます。ビールの仕込み水は、乙部岳から注ぐ姫川水系の湧水を採水した、ミネラルウォーター「Gaivota(ガイヴォータ)」を100%使用しています。
Gaivotaは口当たりがとてもなめらかな軟水です。味や栄養分を調整するためにミネラル分を足したり、成分に手を加えていない、地中のミネラルがそのまま溶け込んだ天然シリカ水です。